2019年09月17日

9月17日の記事

いつだか書いた内容なのだが、
遠い地方から来られる仏壇メーカーの営業さんと

お茶のみしながら、雑談をしていた。
内容は、仏壇以外のことで、その営業さんは

難関大学の教育学部出身であり、
もっぱら、教育について語っていることが多い。

それでも、一応、そのメーカーさんのカタログをみないと
悪いので、話しながら、意識は、教育について考えていたのだが、

それでも、カタログのなかに「何この仏壇、いいじゃない」というのが
目に飛び込んできた。

仕入値もきかず、「この仏壇、仕入れたいです!!!」
といい、ケチな専務のお許しを得ることなく、

仕入れた。
専務は、私が勝手に仕入れた仏壇をみて

思っていたとおり、ブツブツと文句を言っていた。
「仕入れ高いし、上代も高いし、俺はいいと思わないな~」

しかし、専務の予想に反して、すでに数台輿入れしている。
直感でよいと思うお品は、大方、はずれない。

日常生活も同様で
洋服もそうで、「これ、欲しい」と思って、身分不相応な高い洋服でも

結局、手入れして大事に着るので、安い買い物になる。
今、私が着ているダウンジャケットは、

その当時、自分の月給で買うのは躊躇する金額であったが、
毎年、カスタマーセンターでリペアとクリーニングをしてもらい、

10年近く着ているが、全く問題ない。あと5年は着られる。
結局、安い仕入れだからとか、メーカーの営業さんがおすすめしたから、

とか、そういった事情ではなく、仏壇に一目ぼれして、
値段に関係なく、仕入れれば、売れるのかもしれない。

ただ、先日、徳島のメーカーに仕入れに行ってきたが、
仕入が〇千万円の仏壇は、間違いなく本当に良かった。

メーカーの営業さんに仏壇の説明をきいてきたが、
総無垢の本黒檀の大型かさね、日本製なので、間違いないが、

とにかく、仕入れられない金額であった。
たまに、ある地方の仏壇店さんなど、この仏壇が成約

になるらしい。ただただ驚く。
私も、一度でよいから、この仏壇を販売してみたい。






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。