2019年07月18日

7月18日の記事

時折、店の仏壇の配置かえなどをしている。
専務、私と山田でやるのだが、

アナログな作業車も活用しつつ、人力で
動かすのだから、容易ではない。

時折、仏壇を動かさないと、売れなくなるのだ。
ずっとそこに置いてある。は、淀むことと同じなのかもしれない。

流れをつくるという意味と、最も大事は場所を掃除し清める、
ということなのだ。

この模様替えの作業は、おそろしく大変であり、
毎度専務のピリピリした空気を感じながら作業している。

仏壇を持ちながらよろけそうになると
「仏壇だけは、絶対に落とすな自分が犠牲になれ」と

言われてしまう。
苦労だが、そのかいあってなのか、場所替えすると、

誰からも注目されていなかったお仏壇が
急に見積もりが多くなったりするのだ。

不思議なことと思う。
とにかく、淀むことなく流す作業は大事。

できれば、キャスター付の仏壇台に
いつかかえたいとは思っている。

毎日でも、簡単に仏壇の配置がえが
できるので、良いと思うのだが・・・。

高いのよね・・・。











上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。