2018年03月29日

3月29日の記事

仏壇メーカーの営業さんとお茶のみ話しで、
「バブルの頃はね、それはそれは売れてね」なんて

よくある、よく聞く話しなどしている。
現在は、大変だよね、とオチがつく。

だが、バブルを語る営業さんは、バブルを経験しているわけで、今時分は
家のローンも終わり、子供がいるならば、おそらく巣立っているはず・・・。

「よかったな~俺、もうすぐリタイアで」と内心思っているのではないかと
思えて仕方がない。自分が営業さんの立場ならば、おそらくそう思う。

これからの人は、どう生きていけばいいのか、策を練るのか、そのまま
守りに入って、そのまま、低空飛行で地面スレスレで飛んでいくのか。

私は、バブルの頃の店など知らぬので、売れるとか、売れないとか、
そういった基準など持ち合わせていない。売れるという概念がわからない。

ただ、10年以上前に、店長が入院するので、助っ人で1日だけ
店番を手伝ってほしいと言われ、店にいたことがあった。

たまたま、仏壇を見に来たお客様に「3階の仏壇なんていかがですか」と
ご案内すると今から思うとたかめのお仏壇であったが「これでいいよ」とすぐにご契約になった。

これはビギナーズラックであったと思う。
あの頃は、自分も別の仕事があり、売らなければという

妙な気負いがなかったので、かえってそれが良かったのかもしれない。








※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
3月29日の記事
    コメント(0)