2020年01月24日

1月24日の記事

数年前の出来事だが、雑誌に取り上げられていたセーターがあった。
広告宣伝なので、のるか、のらないか、は、自分の選択なのだが・・・。

北欧の漁師さんが愛用するセーターで暖かく、丈夫なのだそう。
いつか欲しい、買いたいと思いつつ、県内で取り扱いがあるのか、

調べても、わからなかった。

かといってネットや通販で気軽に買う気にもなれなかった。
展示会出張で中部地方の大都市に行く機会があったので、

取扱店を探すと、有名百貨店の6階のセレクトショップで販売していること
がわかった。

事前に電話し、色とサイズ等々在庫確認の上、展示会おわりに
お金を持参し買う気満々で店に行った。

店は、とにかく、おしゃれで遠目に眺め、店のエリアに入るのに躊躇してしまった。
店員さんも、モデルのクリハラルイさんのような感じで、見た目も服も整いすぎていて、


益々入りにくい。
せっかく、ここまで来たのだからと

店に入り、ルイさん似の店員さんに、セーターのことをきくと
店の奥から、私が事前に電話していたお品を持ってきてくれた。

試着させてもらい、サイズや色は、間違いなかっった。
しかし、重いのだ。暖かいし、丈夫だし、文句なしだが、

重い。どうしようかな・・・と鏡の前でちょっと悩んだ。

悩んでいると、自分のなかで、せっかくここまで買いに来たのに、
それに店員さんに取り置きしてもらったし・・・。と悩んだ末買おうと思い、

「これください」と伝えた。するとルイさんのような店員さんは、
「ちょっとお待ちください」と言い、なにやら店の奥に消えていった。

しばらく待つと、また、品の良い、黒のタートルネックのセーターを持ってきた。
「イギリス製のセーターで丈夫で暖かいですよ」と言った。

値段も私が買おうと思っていたセーターよりも少し安い。
一目みて、軽くて暖かそうなセーターこちらの方が実用性があると思った。

「こちらを買ってもいいのですか」と言うと「はい」と穏やかな笑顔で返してくれた。
私がセーターを試着した際に表情が一瞬曇ったことを

見逃さなかったのではないかと思う。
こういう、店員さんに私もなりたいとは思うのだけどね・・・。









  


Posted by 仏壇や at 09:33Comments(0)

2020年01月14日

1月14日の記事

この3連休中仕事をしながら、ふと思った。
娯楽を捨てようと・・・。

というか・・・この店に入ったら
娯楽を諦めるしかない、ということに気がついた。

あ~さようなら私の娯楽。
何に幸せを求めればよいのか・・・。

日々の生活に幸せを求めればよいのか。

ちょっとしたパーティーにも使えますよ、いかがですか、と
店員さんにすすめられて買った洋服も値札がついたまま数年経過した。

ちょっとしたパーティーっていったいどこで日々催されているのか、
教えてもらいたい。

毎日、店に行って、帰りにスーパー寄って、
家に帰って飯炊きして、掃除して、洗濯して、

その繰り返しなのか・・・。
生きているだけでも感謝せねば・・・。

ありがたや~と思うことにした。





  


Posted by 仏壇や at 10:46Comments(0)

2020年01月10日

1月10日の記事

お年玉問題。
専務の息子がお年玉をもらい、

自分で持っていたい、とゴネだした。
傍観していた私は、

「本人がもらったお金なのだから全部渡したら
いかがですか」と余計な助言をした。

すると専務は、引き出しから使い古した
封筒を取り出し

「ここに名前を書いて入れておくから
必要ならば申告をしなさい、払い出しをするから」


と言い、ヨレヨレの封筒にお年玉の総額を書き入れ
息子が握っていたクシャクシャのお札を本人の目の前で確認しつつ

入れた。

後日、専務の息子がお菓子が欲しいと
専務に申告すると

「いくら必要なの」
「300」
「税金いれて330円ね」

と言いながら、1万円を専務の小遣いで細かく両替し
330円払い出した。

残ったお金をきちんと数え
使い古した封筒の表に

令和2年1月8日 太郎お菓子代 払出 330円
残金16,670円と書き込んだ。


よそ様の親というのは、こういう風に
お年玉を管理するのか、と思い眺めていた。

今更ながらだが、私のお年玉は、どうしたのかと
鬼籍に入った親に聞きたい。

本当に専務はきちんとしているなぁと思う。
ケチだけど・・・。





 
  


Posted by 仏壇や at 10:44Comments(0)