2019年12月27日

12月27日の記事

定期的にお世話になっている先生がいる。
以前は、昼近くになると先生のご自宅の

キッチンから鰹と昆布出汁の香りが
ふわ~と漂ってきて、ああ、これぞ幸せな香りと思っていた。

時は流れ、家族のかたちが、ゆるやかに変化し、その出汁の香を
聞くことは今は、できなくなった。

時間は流れていくし、それにともない、
変化もするし、仕方ないことと思う。


最近、思うのは、いつかのために
この洋服はとっておこう、というのをやめた。

好きな洋服は、特別な日まで待つのではなくて、
日々日々、着ていこうと思う。

特別な日がくるか来ないか、あるのか、ないのか、
わからない。


いつか旅行に行こうと思うが、そのいつか、が
あるのか、ないのか、お金は常にないのだが、

安い旅でよいので、行けるときに無理して
行きたいと思うが、なかなか、

決心がつかない。
来年こそは、どこかに行きたいとは思う。









  


Posted by 仏壇や at 16:42Comments(0)

2019年12月07日

12月7日の記事

法律のマメテスト。
答えは、わかってもモヤモヤする自分。

婚姻の成立要件として法律上必要とされているものはどれ。
①十分な資金 ②愛 ③結婚するという意思


いや、答えわかりますよ。③テスト上ではだけど・・・。
法律云々抜きにしたら①でしょう。

①しかないと思う。
②とかって必要なのか・・・。

結局、家庭を維持するための
プロジェクトチームのメンバーなので、

ややこしい感情は、削ぎ落され、
シンプルに家庭にあっては、品行方正さと、

日々の些末なタスクを円滑に運営できる
能力が一番大事であると思う。

それ以外の非日常感とかは、外注でよいと思う。
例えば、観劇鑑賞とか、社交場でお酒を愉しむとか。

私は、お酒に娯楽性を求めていないので、
珈琲さえあれば生きていけるから社交場には行かないけど・・・。

私は、絶対に②です。という方を目撃してみたいと思う。
歪みすぎかな。







  


Posted by 仏壇や at 15:10Comments(0)

2019年12月02日

12月2日の記事

自分の選択に後悔ばかり(少しノロイ)である。
以前、勤務していた会社の方が時折、メールを

くださる。内容は、リタイア後、登山してきました、
海外に長期滞在してきました、孫と一緒にシーに行きました。

などなど、ザ・幸せ、な、内容のメールをくださるのだ。
私もあの会社を定年まで勤めればそういった、

ご褒美の人生があったのであろうか・・・と思うと、

会社を辞めると決断したときの自分にコウカイ。
専務には、70歳過ぎても働けるでしょう、と言われ、

専務の息子が店の後継ぎになるまで
あと最短13年はかかるであろうと思う。

それまで、この仏壇やを続けていくというのは大変なんですよ。
人は、幸せをもとめて生きていくらしいが、

私の幸せとは一体何なのか。
衣食住がそこそこ足りて、文化的なもの触れられることが

幸せなのかもしれない。そう思うわなければ
罰があたるかな・・・。

全て自分の選択なので、仕方なし。

やるしかないのよね・・・。
  


Posted by 仏壇や at 11:06Comments(2)